5.1chサラウンドとは

最近、テレビ画面の大型化にともない。ホームシアターを導入している人が増えています。人気の秘密は、DVDの普及により、映画館と同様に、映像の各シーンにマッチした臨場感を味わえる音響効果、『5.1chサラウンド』が、家庭でも手軽に楽しめるようになった点にあると言えます。
ステレオは左右の広がりだけですが、5.1chサラウンドは前後左右に立体感のあるサウンドが楽しめます。また、5.1chには低音の迫力受け持つサブウーファーもつきますので、サウンドの立体感と共に迫力を味わうことができるのです。
5.1chサラウンドと言ってもいくつかの方式があり、それぞれ特徴があります。DVDソフトのパッケージの裏側には必ず表示がありますので、お気づきの方も多いでしょう。代表的な方式と各特徴をご紹介します。
[ドルビーデジタル]
映画館でも用いられ、DVDソフトでは標準で収録する事になっています。一般的な5.1chサラウンドシステムでは、このドルビーデジタルの再生が可能です。
[DTS]
DVDソフトでは、オプションとして扱われています。ドルビーデジタルよりも情報量が多いので、音質的には優れた方式といえます。一般的な5.1chサラウンドシステムでは、この『DTS』を再生出来ないモノもありますので、DTSを楽しみたい場合は注意が必要です。
[MPEG-2 AAC]
日本のデジタル放送で用いられるサラウンド方式です。地上デジタル放送でも採用が決定していますので、これから製品を購入される際は、AAC』対応製品をお勧めします。

5.1chサラウンドの魅力

5.1chサラウンドは「映画館の迫力」と、よく言われていますが、それは違います。5.1chサラウンドの本当の魅力は、スピーカーや、部屋の大きさの存在を感じない、映像にマッチした空間の広がりを疑似体験出来る点にあると言えます。
ホームシアターで再現するのは、「映画館」という限られた空間ではなく、映画に登場する各シーンそのものなのです。
コンサートのシーンで例えれば、自分の後ろに客席が並んで大勢の歓声につつまれる感じで、その場の雰囲気たっぷりです。映画なら、前から来た車が後ろに抜ける場面などでドキドキ感が味わえます。
また、5.1chサラウンドはDVD映画を観るだけでなくゲームでのすばらしい体験ができます。5.1chサラウンドでゲームをする魅力は、映像にマッチした空間の広がりを音場によって疑似体験できること。たとえば、追いかけてくる車のエンジン音から伝わる切迫感や、忍び寄る足音の空気感、ジャングルで雨に打たれる臨場感など、あなたが、まるでゲームの中のその場にいるかのような感覚を楽しむことができます。

5.1chについて

5.1chとは、5.1チャンネルと読み、一般的には6個のスピーカーで構成されるスピーカーシステムやホームシアターシステムのことを指します。
従来のオーディオシステムは左右2本(2ch)のスピーカーを鳴らすステレオシステムだが、5.1chは前後左右、具体的にはフロント左右、リア左右、主に台詞を再生するセンター、そして低音のみを鳴らすサブウーファという6本のスピーカーで構成されています。この内、サブウーファは低音のみを再生するため1chとはカウントせず、5.1chと呼ばれているのです。

5.1chサラウンド